2012年05月02日

入園と入学

4月も駆け足で過ぎ去っていき・・・もう5月。
我が家も、新生活をあわただしくすごしていました。


4月。
マサキは保育園に入園、わたしは専門学校に入学しました。
運悪く、入園式と入学式の日が重なってしまい・・・
泣く泣く入園式の参列を断念。
記念撮影だけすませ、あとは夫にまかせて、
一人入学式に向かいました。

幼な子を預けて学校に行くということは、ときにこういうこともあると
覚悟しておかなくてはいけないよね。
何かを取るということは、何かを犠牲にしなくてはいけないのだ、
とわかってはいるものの、
入園式、いっしょに出たかったな。
ごめんね。


入園するにあたり、ミシンを購入して給食袋を作ったり、
お名前便利グッズを購入したり。
いろいろ用意しました。

紙おむつには全部記名しないといけないので・・・
便利スタンプ。



お昼寝布団用に。特殊なサイズだったのでオーダー。

posted by りんず at 10:45| Comment(0) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

栄養士への道

すっかり冬眠状態のブログ。
そろそろ春を迎えるのだから、目覚めなくては・・・!

さて、突然ですが。
この4月から栄養士になるべく学校に入学することになりました。

栄養士になろうと思ったのは突然のことではなく、5年前からになります。
ちょうどりんりんが赤ん坊だったころ。
結婚して仕事をやめ、まるで人生のリセットボタンが押されたようなあのころ。
りんりんを育てながら、これからの人生どう生きていこうか?と毎日真剣に
考えていました。

目の前にいるこの子も、何か果たすべき使命を持ってこの世に生まれて
きたはず。
では、私自身の使命は?
考えて考えて・・・答えはりんりんがくれました。

今までの人生を振り返ったときに、自分がアレルギー体質で食べ物に
気を使ってきたこと、
だから食べ物と健康について自然と関心が深くなっていったこと、
りんりんや周りの子供たちを見て「みんな健やかに育ってほしい」
と強く願っていること。
大学では農学を学んだし、食べることも好きだし、料理も好き。
だから、「食」を通じて子供たちが健やかに育つ手伝いをしたい!
子供たちに「食」の大切さを伝えたい!
そんな思いがむくむくと起こってきて、栄養士になるという答えに
到達しました。

栄養士として働くことが私の使命・・・とは、自分の思い込みではあるけれど、
でも5年前に決意して、ようやく今年、一歩を踏み出すことになりました。

そんなわけで、学校に入学するべく
夏ごろからマサキの保育園探し、秋ごろから受験勉強といろいろ準備
してきました。(だからブログは冬眠状態に・・・^^;)
そして先日、無事合格となり4月から入学することとなったのです。

学校は2年制。
朝から夕方までびっしり授業や実習があり、多忙を極めるらしく・・・(>O<
家事との両立がいまからとっても不安。
りんりんやマサキの朝も早くなるし、子供たちにもいまから慣れてもらわなくては。
少し前から効率的な時間の使い方や、食事作りについて研究中。
勉強だけしていればよかった学生時代、なんて贅沢な身分だったんだと
今になってわかったり^^;
でも、結婚して子供を生まなかったら、栄養士になるという道はなかったな。
道を照らしてくれたりんりんと、それを認めてくれた夫に感謝。

卒業と同時に与えられる栄養士の資格。
でも栄養士になるのがゴールではなくて、
すべての子供が健やかに育つように、栄養士の仕事を通じてお手伝いする
というのが私の使命なんだと胸に刻むため、ブログに記録しておこうと
思います。

さあ、もうすぐ春です。

posted by りんず at 07:42| Comment(2) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

〜2012年〜明けましておめでとうございます

お正月も明けて、ずいぶんたちますが・・・
あけましておめでとうございます。

空前の災害に見舞われた2011年。

子供を持つ身として、これからの国のこと、子供たちの将来のことを
いままでとちがった価値観で考えるようになった年でした。
そんな中、家族みんな元気でおだやかにお正月を迎えられるのは
ほんとうに幸せなことなんだと実感しながら過ごしました。

子供たちは、ほんとうに元気。
すこやかに育ってくれています。

りんりんは寒い中でも、半そでの体操服できゃーきゃー走り回ってるし、
まさきはお姉ちゃんのあとをきゃっきゃっと追いかけてるし。

亀の歩みよりも遅いブログ更新で、なおかつ今はブログよりも優先させたい
ことがあって、なんと3ヵ月半ぶりの更新となってしまいました(汗)
もうしばらくしたら、なんとか月1くらいの更新に戻したいと思っています。

今年も元気に過ごせますように!

posted by りんず at 13:02| Comment(0) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

ふうた、天国で安らかに・・・

先日ブログに登場した、我が家のうさぎ”風太”。
じつはあの後、腫瘍があることが判明し、しかも肺にまで転移していて
手の施しようがない状態であると宣告を受けました。
元気だと思っていた体は、いつ命が消えるともしれない体だったのです。

2月12日の寒い寒い夜のことでした。
家族が寝静まっている未明のこと。
風太はひっそりと息を引き取りました。
最後は看取ってやることはできず・・・
また、私自身も体調を崩していたためにお世話も行き届いていない中での
できごとでした。
もっと手厚く、苦しみの少ない最期を迎えさせてあげればよかった、と今も胸に後悔が
広がっています。

りんりんには「風太は死んで、天国に行っちゃったんだよ」と告げました。
4歳の子に、死の概念を伝えることは難しい。
でもストレートに、死んだら天国に行くこと、天国に行ったら楽しく暮らしていけることを
説明しました。
4歳なりに理解してくれたのか、「天国に行っちゃいやだー!」と
小1時間ほど泣きじゃくっていたりんりん。
落ち着いた後、硬くなった体を抱き上げて、最後のハグ。
ちょうどよい大きさの箱に体をおさめて、周りをたくさんの花で埋めて、
手紙を入れました。

翌日、お寺にてお経をあげてもらい、そして火葬となりました。
風太とは、家族の誰よりも付き合いの長かった私。
いまは13年間ともに暮らしてくれたことへの感謝の思いでいっぱいです。
どうか、天国で安らかにね。

posted by りんず at 11:25| Comment(0) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

〜2011年〜あけましておめでとうございます!

2011_01090019.jpg

2011_01090015.jpg


新年あけましておめでとうございます。
お正月行事もひととおり終わり、我が家はすっかり日常に戻っております^^

今年のお正月は、
夫の実家にご挨拶に行ってお正月のご馳走をふるまってもらったり、
すごろくやかるた、凧あげなどをして遊んだり、神社に初詣に行ったり・・・
昔ながらのお正月らしいお正月を過ごして楽しみました。
もちろんおせちやお餅も、たーんまり食べました♪
おせち大好き人間なので、かまぼこ以外はせっせと年末に作って、
それでも間に合わなくて(^^;)お正月に重箱に詰めて。
なんとか元旦におせちを囲むことができました。

何よりも家族全員元気でお正月を迎えられたのは良かった!

というのも昨年の暮れ、りんりんは頭を切って5針縫う怪我をおい、マサキは
手足口病にかかり、親として心配な出来事が重なって起こったので。

りんりんが縫うような怪我をするのは今回で2度目。
そしてまたもや、家の中で、高いところに登っていて、落ちたときに怪我をしたのです。
そのとき私は別室にいたのですが、何かがぶつかる大きな音がしてとんでいきました。
一瞬「またいたずらして、落っこちたな」と軽く思ったのですが、尋常ではない泣き声に
すぐにそうではないことを知りました。
床や服にボタボタと血が落ちています。
「いたい、いたい、いたいー!!」と泣き叫ぶりんりん。
震える手で怪我の部位を探すと、後頭部が切れていたのでした。
痛い思いをさせて本当にかわいそうでならなかったし、未然に防いであげられ
なかったことを悔やみました。
タオルをあてて、すぐに救急車をコール。

赤ん坊をおんぶして、りんりんを抱きかかえ、子どもたちを守れるのは母1人。
必死に不安な気持ちを隠しながら、子どもたちを励ましていました。
救急車が到着する頃には血は止まっていたので、落ち着いて乗り込みましたが
病院に到着するまで長い長い時間に思えました。
ようやく怪我をみてもらえたのは怪我をしてから1時間後でした。
後頭部を2cm強切っていて、5針縫ってもらうこととなりましたが、幸い脳への損傷は
なく、2週間後には完治。
りんりん、病気には強い丈夫な子なのですが、怪我とは無縁ではないらしく・・・
外見は女の子だけど、中身は子猿ちゃんなのです。
元気になった今はまた、家の中でピョンピョンとんだりはねたり^^;(のどもとすぎれば何とやら・・・)
これからも、怪我をしないよう目が離せません!!

さて今年はウサギ年!
2011_01090040.jpg
我が家のうさぎ”風太”です。
御年13歳、人間で言うと90〜100歳くらいのご長寿うさぎです。
めっきりおとなしくなったけど、病気らしい病気もせず元気で生きてくれてます。
風太にあやかって、家族みな元気に過ごせますように!

posted by りんず at 15:09| Comment(2) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

2010年のクリスマス

2010_12260025.jpg
初めてりんりんと飾り付けしたツリー

2010_12260064.jpg
適当手作りリース

もはや年末、今年も残るところあと3日。ひえーーーーっ。
すでに世の中はクリスマスムードは皆無、すっかり年末年始へ向かっている
わけですが、いまだクリスマスツリーもリースも飾っている我が家です。(片付けるの遅っ!)
そんな我が家の2010年のクリスマスはというと・・・

我が家では25日にクリスマスのお祝いをしました。
昨年はマサキ妊娠中につき、つわりでしんどくて簡単なものしか
作れなかったので、今年こそは・・・!と、朝から気合を入れてお料理。

保育園がお休みの日だったりんりんも、いっしょに共同作業。
ママのやっていることは、絶対にやる!やる!といってきかないタイプなのです。

ローストチキンにレモン&ハーブオイルをぬりぬりしたり、
クラッカーの上にアボガドクリームをしぼりだしたり、
スポンジに生クリームをぬって、イチゴをトッピングして、くるっとまいてロールケーキに
したり。

なんとか夕方にはお料理が勢ぞろい。
メニューはこちら。
★ハーフ丸鶏のローストチキン
★スモークサーモンのマリネ
★アボガドクリームonクラッカー
★にんじんポタージュ
★かにクリームパスタ
★いちごのキャンドルケーキ

2010_12260061.jpg
贅沢なごちそう。ローストチキン。

2010_12260060.jpg
本当はクリスマスツリーの形に絞りだすアボガドクリーム。
ツリーじゃなくて、グリーンのスライムに成り果ててますけど・・・^^;

2010_12260062.jpg
にんじんポタージュ。

写真を撮るのを忘れたけど、ロールケーキは立てて、その上にクリームとイチゴを
のせて、キャンドルに見立てた”いちごのキャンドルケーキ”でした。
キャンドルケーキとアボガドクリームのクラッカーは、某子ども番組でやっていたもので、
りんりんにリクエストされて作りました。

ボリュームたっぷりで、食べ切れなかったので、残ったお料理は翌日、
サンドイッチにして食べました。
ローストチキンをスライスして、ハニーマスタードマヨネーズをぬって。
スモークサーモンをはさんだり、アボガドクリームをぬったりして。
どれもぜいたくでおいしーー!!
おまけに全くご飯の準備をしなくってすんで、主婦としては楽〜♪

さて。忘れちゃいけません。
24日の晩、ちゃんとサンタさんも来てくれましたよ。
今年は、りんりんだけじゃなく、マサキにも。

寝る前には、サンタさんとトナカイさんにクッキーも用意しておきました。
翌朝、空になったお皿の横にはサンタさんから”ありがとう”のお手紙が。
りんりん、大興奮(笑

サンタさんから我が家の天使ちゃんたちへのプレゼントはこちら。

りんりんへは・・・


楽つみ木
と、プリキュアのお菓子ボックスセット(これはリクエストに応えて)

「楽つみ木」は、木楽舎さんという山梨の工房から生まれた純国産のつみ木。
22日に届くはずが手違いで発送が遅くなり、とってもあせったのですが、
なんとか24日に届けてもらい間に合いました。ふぅー。
想像の翼をいっぱい広げて、親も子供も一緒に作って遊ぶのだ!

マサキへは・・・


アウリスのペンタトニックグロッケン!
音が重なってもけして不協和音になることのない7音階でできた鉄琴。
澄んだ音色が心に響いて、いつまでも鳴らしていたい、聞いていたい、そんな楽器です。
赤ちゃんが叩いても、その音色は美しい音楽になるから。
耳の敏感な赤ちゃんに、ぜひ美しい音色を味わって欲しくて。
ところが、りんりんの方がすっかり気に入ってしまって、マサキに代わって
キーン、コーンと鳴らしています。

さて、まだまだ年末年始モードに切り替わってない我が家。
昨日、なんとりんりんがこんなことを口にしてました。

保育園のクリスマスツリーが片付けられているのを見て・・・
「あれ?ツリーがない。
まだクリスマスやのに・・・」

それは我が家だけなの〜(汗)
はやく年末年始に切り替わらなくっちゃね。
posted by りんず at 02:43| Comment(0) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

親子でお芋スイーツ作り

2010_10020068.jpg
パウンドケーキバージョン。

土曜日の昼下がり。
土曜出勤でパパは不在。
りんりんと2人で何しよう・・・
思いついたのは、おやつ作り。

先日の芋ほりで取ってきたお芋がまだまだ余っていたので、
お芋を使ったおやつを作ることにしました。

こちらのレシピをお借りして。
 ●簡単さつまいもけーき● by saladamama

お芋をザクザク切って、ゆでてつぶして、他の材料をぐるぐる混ぜて
焼くというシンプルな作り方だから、子どもと一緒にできちゃう♪


できあがったのはこちら。
2010_10020065.jpg
カップケーキバージョン。

ほくほくして、お芋の甘さが口いっぱい広がって、おいしーーい!
楽しくておいしい時間となりました^^
また作ろうっと♪


posted by りんず at 00:27| Comment(0) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

第2子 誕生!

6月1日、予定より一月ほど早く第2子が誕生しました!
2338グラムの男の子です。
36週3日という早い週数で、体重も標準より少なかったのですが
小さい体で元気に生まれてきてくれました。

今回は、助産院で家族に見守られてあたたかい出産をすることができました。
体重が少なかったので、2週間、助産院に入院することになりましたが
先日、無事退院。
晴れて、第2子を我が家に迎えることができました。

名前は”マサキ”です。

2010_06140058.jpg

4ヶ月もの間、冬眠状態だったこのブログ。

妊娠中我が家に起こった出来事や、今回の出産にまつわるあれこれ、
いろいろ書きたいことが溜まっているので、少しずつそろそろ〜と
再開していきたいと思います。
前回書きっぱなしだった、キューピーちゃんの話の続きもあるし。

産褥期のいまは、目がすぐに疲れてしまうので、パソコンやテレビ、
本を見て、酷使するのはあまりよくないんだそうです。
実際、私の母は、出産をきっかけに、ときどき目の調子が悪くなるようになり、
いまもってその症状に悩まされているのだそう。
出産直後のお母さんたち、どうぞ目の使いすぎにはお気をつけて!!

ということで、身も心も落ち着いた頃に、ブログを再開していきます♪

posted by りんず at 12:52| Comment(6) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

季節の暦

今年も、はや節分も過ぎてバレンタインです。
ブログ更新をごぶさたしていた間の日々の記録を少し。

お正月は家族全員風邪でダウンし、お家ひきこもり生活。

2010_01130016.jpg
初詣は着物で近所の神社へ

元気になってから、私の実家のある福井へ帰省。
初めての雪だるま作りと、初めて目にする冬の日本海の光景。

2010_01130040.jpg
初めての雪遊びにおおはしゃぎ


2010_01130045.jpg
荒れ模様の天気と海に顔まで凍えます

そうこうしている間につわりもすっかり収まり(♪)、お休みしていた外遊びを
少しずつ再開。
いくら寒かろうが、りんりんはやっぱり外遊び好き。
自主保育のお友達と緑地公園を駆け回ったり、自主保育のない日には
公園でブランコやお砂場遊びをしたり。

節分には、定番の豆まきと恵方巻を楽しみました。

2010_02130003.jpg
お外では大豆ならぬ落花生まき

巻寿司大好き!手作りのは、やっぱり美味しい!
月1の自主保育のお誕生会は巻寿司を持ち寄るので、巻寿司は毎月の
ように作っているんだけど、なかなか上手に巻けない。美味しいのが作れない。。。
それでも、少しはコツをつかめてきたのかちょっと上達しましたよ。

私流のコツは・・・

●ネタにする具の種類が少ないほど、細めに巻く。
納豆だけ、マグロだけ、あるいは具が2種類だけという場合はやはり細巻がきれいに
おいしく巻ける。
逆に具の種類が多いほど、ご飯をたくさん広げてボリューミーに巻くと、きれいで
おいしい。

●巻き終わりのご飯を乗せない余白部分は3cmくらいとる。
たいていのレシピには、余白は1cmと書いてあるのですが、初心者が巻くと
はみだしがち。
余白を多めにとると、はみだしにくく、きれいに巻けます。

●海苔にご飯を乗せたら、しゃもじでぎゅっぎゅっと押す。
ご飯をふんわりと握った方がよいおにぎりとは逆に、巻寿司はご飯粒が
つぶれるくらい密着していたほうが美味しいと思うので、巻く前にご飯を
押して固めておく。
すると、きれいな形に巻けるし、おいしいと思う。

ちなみに、これは納豆巻。自主保育の持ち寄りに持っていったもの。

2010_02130001.jpg


これはお家で食べた分。


2010_02130007.jpg

今年のお正月、お雑煮に飽きた頃、おせち料理に添えて出してみたら
食卓も華やかになり、新鮮な味が家族にも好評でした。
具や寿司飯を用意する手間をかけて、食材を贅沢に巻いて、見た目も
華やかに、寿ぎの場をみんなで祝う。
やっぱり巻寿司は晴れの日に似つかわしいお料理だな、と思う。
巻き寿司が昔から日本各地で祭り寿司として作られ、伝統の味として伝わってきたのも
うなずけるのです。

そして節分は、暦の上で冬が終わり、春が到来するという節目の日。
春の到来をお祝いする日に巻き寿司ってぴったりだわ。

節分が終わったら、ひな祭り。
季節はどんどん移り変わっていくね〜。
あたたかな陽射しを感じられる日も、もうすぐです。

posted by りんず at 18:14| Comment(2) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

2009年の大晦日

2009年最後の日!大晦日です。
10月ごろから更新がぱったり途絶えていましたが、近況報告を。。。

りんりんも私も、病気もせず、トラブルもなく、日々平穏に過ごしてました。
七五三も無事終えたし、クリスマスもおうちで楽しみました。

1231.jpg

1231_0.jpg

ただ一つ、以前とちがう変化が・・・
それは2人目を授かったこと。

昨年ごろからずっと「授かりたいな」と思っていたので、うれしいニュース
でした。
と、同時に始まるつわりの日々。
お医者さんから妊娠の判定をもらう前から、早くもつわりが始まり、
体も疲れやすくなって、りんりんとともに9時に就寝する毎日。
もちろん、パソコンに向かう気力もなし・・・

外遊び大好きなりんりんは、

「きょう、どこいくの?」
「こうえん、いきたい〜!」

が口癖。

そうやってせがまれても体がついていかず、りんりんを外に連れて行って
やることができず、ふびんな思いをさせてました。

それなのに、こどもってちゃんと成長してるんですね!

私がしんどくて横になっていると、そばに寄ってきて、

「だいじょうぶだよ、りんりんがいるからね。さびしくないよ。」

と言ってハグしてくれたり、

「いたいいたいの、とんでけ〜!ふーーっ!」

と言って、息で”いたいの”を吹きとばしてくれたり。

人を思いやる優しい心がちゃんと育まれていて、驚かされるとともに
感激で胸いっぱい。。。
つわりでつらい日々も、そんな姿に励まされてすごく救われました。

それから、妊娠前に2人でよく

「赤ちゃん、来て欲しい?」
「あかちゃん、きてほしい〜」
「じゃあ神様にお願いしとこうね」

とおしゃべりしていたのだけど、妊娠がわかった後にりんりんが

「あかちゃんきてくれて、うれしい」

と言ってくれたり、お腹をなでながら

「あかちゃん、よしよし」

と言ってくれたのも、うれしかった。

「あかちゃん、おせわしてあげる〜。だっこしてあげる。」

と、お姉ちゃん心も少し芽生えた様子です。

ちなみに、出産予定は6月末ごろです^^

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

さてさて2009年を振り返ってみますと・・・

昨年出会った自主保育のグループを通じて、親子共に世界が広がった
一年でした!
もしかしたら親の私が、子供のりんりんより楽しませてもらってたかも^^;

なんといっても子供の頃から、ずっと憧れてたことをつぎつぎと叶えてもらったから!

お外で焚き火をしながら焼き芋、
寒空の下、焚き火にあたりながらハフハフお芋を食べるおいしさ!

真夏にみんなですいか割り大会、
きゃあきゃあ言いながらすいかを割って、みんなで甘い汁をしたたらせながら
かぶりついたっけ。

1231_4.jpg

日本昔話に出でてくるような昔ながらの民家に泊まって、薪割り、五右衛門風呂、
かまどでごはん炊きを体験。
いろりで鍋をわいわい囲んだのも楽しかった!

1231_3.jpg

1231_1.jpg

冬はお外で餅つき大会。
今では珍しくなった”きね”と”うす”を使って、ぺったんぺったん。
みんなでお餅を丸めて、あんころ、きなこ、焼餅、ぜんざいをほおばって。

1231_5.jpg

あ〜〜〜、どれもこれも贅沢な体験ばかり!!
本当にゆったりと充実した一年でした。

そんな活動を通じて、仲間の輪が広がり、何でも語らえる友人との絆が
深まったのは、もっともっとうれしいことでした。

来年もこんな楽しい日々が続いていけばいいな、と願う2009年の大晦日です。


さて。

こんな年の瀬も年の瀬なのに、我が家は、大掃除もおせちの用意も何一つ済んでいません・・・!
三が日は特に予定もなく、家でゆっくり過ごせるので、これからぼちぼち進めて
いこうと思います。
こんな我が家にも年神さまは来てくれるのかしら^^;

みなさまも、どうぞよいお年を!!


 

posted by りんず at 15:37| Comment(7) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

冷蔵庫の嫁入り

夫が結婚前から使っていた冷蔵庫。

1008_1.jpg

りんりんの食べる量が増えたり、常備菜・保存食が増えたりしたこともあって
家族3人が使うには手狭になってきて、買い替えを検討していました。
次のボーナスが出る頃には・・・と思っていたのです。

ちょうどその頃です。
テレビで、夏の豪雨で被害を受けた兵庫県佐用町が映し出されていました。
土砂災害で、家財はすべて使い物にならず、真夏の盛りに冷蔵庫さえ
使えないという様子が伝えられていました。

それを見て、ひらめきました!

小さめだけど、まだまだ現役の我が家の冷蔵庫。
これを佐用町に送ったら、困っているどなたかに使ってもらえるかも・・・
リサイクルに出すより、リユースしてもらえたほうがうれしいし!

そこで、佐用町役場に問い合わせ。
全国からも、家電や家具といった義援物資がぞくぞく届いており、
これらは抽選で希望の住民に渡されるとのこと。

ということで、急遽買い替えを前倒し。
引退した冷蔵庫は、きれいにお掃除。
すぐ使える状態にして、佐用町に発送しました。

1008_2.jpg
手紙も添えてみました。

どなたかのお家に無事嫁入りしたかしら??


さて、被災地に対して何か支援できることといって、まず思い浮かぶのは
義援金ですが、この一件を通じて、”まだまだ使えるけど我が家では不要”
といったものを寄付することも、支援になるんだなあと思いました。

たとえば、食器。

食料は送られてくるけど、それを盛る器がないから、食事がわびしくなるそうです。
そんなときに寄付された食器を使えると、うれしいのだとか。
これは阪神大震災のときに実際体験された方のお話です。

不用品と言えば、売るか、捨てるかという選択肢しかなかったけど、
ものによっては、いつかどこかの被災地に寄付できるように保管しておくことに
しようっと。

posted by りんず at 14:45| Comment(2) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

夏の思い出プレイバック 2009

はやいもので、もう10月?!
すっかり秋なのに夏の思い出アルバムです。
いまさらアップするのが恥ずかしいけど。

今年の夏のスタートは、自主保育仲間と渓流ハイキングして川遊び。
みんな、沢がに捕りに夢中でした。

0709_1.jpg

0920_1.jpg


初めてのスイミング教室。
母と離れるという試練(笑)を乗り越えました。

0725_1.jpg

3歳のお誕生日を迎えて、お祝い。

0914_5.jpg

すいか割りも初めて体験!
りんりんも初めてなら、母も人生初でうれしかった!

0920_4.jpg

近所の盆踊りに参加してみた♪
見よう見まねで踊っているりんりん。

0920_3.jpg

海水浴旅行にも行ったね〜。
あれから大分経つのに、りんりんはしょっちゅう「また、とっとりにいきたいね〜」
と言っております。

1004_4.jpg


ふう。こう見てみると、夏の思い出盛りだくさん。
母も子も、夏を満喫したなあ。
この秋はどんな思い出ができるかしらね。

posted by りんず at 01:52| Comment(0) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

近況報告

20090601.jpg
豆をむきむき、豆ご飯の準備

すっかりブログ更新が滞ってしまいました。

新型インフルエンザ流行の端を切ったここ大阪ですが、
そこで暮らす私たちは何事もなく、元気に平穏な毎日を送っていました。

唯一、夫だけが謎の高熱に苦しめられるという事態に見舞われたのですが、
なんと”おたふくかぜ”であったことが判明。
本来、”おたふくかぜ”ウィルスは感染力が低いらしいのですが、仕事で
疲れて免疫力が低下していた夫は、見事感染。
しかも、職場の同僚たちの間で流行していたのだとか^^;

私もりんりんもうつらずにすんだのですが、どうせなら、りんりんは
感染して、”おたふくかぜ”の免疫をつけてくれたほうがよかったかな。
予防接種だと効果に期限があって、15年ほどで切れるそうです。
でも、感染すると一生免疫を失うことがないんだよね。
ちなみに、夫が病院で聞いてきた話によると、そもそも”おたふくかぜ”に
感染しない体質の人もいれば、感染しても発症しない人もいるそうです。

さて、平穏無事に生活していたとはいえ、”新型インフルエンザ”の影響は
避けられませんでした。
リトミック教室はお休みになったし、私たち家族もしばらくは人ごみも避け、
スーパーではマスクを着用、電車もつい最近まで乗りませんでした。
唯一、自主保育で外遊びできていたのが救いで、それもなかったなら
本当に息が詰まりそうでした。
ここ1週間で、ようやく平常どおりになってきた大阪です。

posted by りんず at 01:25| Comment(2) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

いまさら?!パンデミック対策

”いまさら・・・”って感じですが、ここ数日我が家でもパンデミック対策を
やっていました。

対策を始めたのは、新型インフルエンザ上陸の第一報が報じられた日。
ニュースの第一報を見ても、なんだか遠い国の出来事のようで、まるで実感の
わかなかった私。
その恐ろしさをテレビで見ても、何をするでもなかった私に届いたお友達ママ
からのメール。

そのメールに衝撃を受けました。
「わたしが子供をまもらなきゃ」という一言に目覚めました。 (→ありがとー!Hさん)

「ほんまにはやるんかな」と懐疑的な夫と、「実感わかないわ」と超のんびり屋の私。
そんな我が家、予防策も備蓄も、何にも備えがなかったのです。

というわけで、そのお友達のメールを頼りにパンデミック対策スタート。

まずは、マスクね。

・・・といっても、どこに行ってもマスクは品薄。
納期はかかるけど、ネットで大量に注文。

あとは消毒用グッズ、衛星用品。
それから、オムツにトイレットペーパーのまとめ買い。

2ヶ月間の自宅引きこもり生活にも耐えられるように、お水と食料も。
5年保存水と、根菜、乾物、乾麺、缶詰、レトルト食品を買い込みました。
地震対策にもなるものね。

無農薬野菜ではないものも、これで一気に農薬を落とします。
商品紹介どおり、ほんとに黄色い油膜が浮き上がってきます。
しかも鮮度持続、保存期間が長くなる効果ので、備蓄に最適。



それから、まずは自己免疫力をあげなくちゃのコレ。

 
 

インフルエンザにかかっても、重症化するのを防いでくれる効果もあります。
posted by りんず at 06:45| Comment(0) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

我が家の安全対策

3月に入って、ぱったり途絶えたブログ更新。
思った以上に長引いた風邪、そしてデジカメ故障(→やっと修理完了)。
暖かくなったので、毎日のように外遊びにハイキング。
・・・なんてことをしているうちに、すっかりブログが停滞してしまいました。

それにしても、外遊びしていると体を動かさざるを得ず、疲れて
親子共々夜はバタンキュー!
早寝早起きって、心がけてするものではないんだなあ。
外遊びをしていると自然とそういうリズムになるみたい。
子供を健康的に生活させるにはうってつけです。(親もね〜^^;)

さてさて、本題。

1月にりんりんが手に怪我をしてからというもの、子供を怪我から守るための
安全対策が我が家の急務でした。

急務といいつつ、やることが遅い私(>_<
ようやく安全対策が進んできました。

まずは、今回の事故の元凶となった、電子レンジ。
レンジを安全な場所に収納することにしました。

高さ70cmの木製ラックの上に載せられていたレンジは、このように!

0329_1.jpg


多少の地震の揺れでも落ちないように、扉の閉まるキャビネットに
収めました。
使うとき以外は、なるべく閉めておくように。


お次は、ちゃんとした救急箱を作っておき、すぐに手の届く場所に
置いておくことに。

以前はクローゼットの中の小引き出しにばらばらに入ってたのですが、
これではすぐに使えない。
だから今回、必要なものをリストアップして、一式ちゃんとそろえました。

中身はコチラ。

0329_2.jpg

・体温計
・ピンセット
・はさみ
・刺抜き
・ガーゼ
・絆創膏
・テープ
・包帯
・綿棒
・外用薬(マキロン・イソジン・オロナイン軟膏・目薬)

救急処置道具と外用薬は一通り入れてあります。
ふたの裏には、救急病院や窓口の電話番号のメモを貼って。

内服薬、湿布、マスク、カイロなどは、これに収納しきれないので
別箱に収納する予定。

それから、子供共済に加入しました。
子供の病気や怪我は、全く無縁ではいられないだろうし、万一のときの
出費に備えて。

それから、救急箱と共に常備しておきたい、応急処置の本を探しています。
図書館でいくつか資料を借りて読んでいるのですが、いまいちピンとくる
本に出合えていません。

どんな本がいいんだろう。
家庭の医学辞典なんかがいいのかな。

新 家庭の医学
堀原 一 細田 瑳一
4788705559



ちなみに、我が家の救急箱はこれ↓

posted by りんず at 12:16| Comment(0) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

"和食がおいしくなる"がテーマです

いくつになっても、いつまでたっても、私の物欲はおさまるところを知りません^^;

今年のお買い物テーマの一つは、”和食がおいしくなる”。
調理器具だったり、器だったり、グッズだったり、そういったもので、
長く愛用できるものをこつこつ揃えていきたいのです。

そして、ついに”清水の舞台から飛び降りる”ような気持ちで、念願のアレを
買っちゃいました。

0215_1.jpg

そう、圧力鍋。
味噌を仕込むときに、大豆を手早く煮るためにも手に入れたかったのです。

これはシラルガンのもの。
安いものもあるけど、一生モノだからね〜と言い訳して、しっかりとしたつくりの
ものを探し求めました。
お高いお買い物なので、吟味はしっかりと。
ポイントは、玄米がもっちりおいしく炊けること、素材が強化ガラスセラミックで
お手入れしやすそうなこと、これで調理すると水が体に良いアルカリ性になること。
そして決定打は、このかわいいエナジーレッド。

最初に作ったのが、おせちでおなじみの黒豆。
むむ、ちょっとやわらかくなりすぎて失敗。
どれくらい火にかければいいのか、まだまだ研究が必要だわ。

でも先日、味噌を仕込むときに大豆を煮てみたら、ものの8分でやわらかく煮えた!
去年、7時間くらいかかっていたのが嘘みたい。。。
もはや味噌作りには欠かせないパートナーとなりました。

もう一つ念願かなって手に入れたのは、曲げわっぱのお弁当箱。

ご飯が冷めても水っぽくならず、おいしさを保ってくれるという・・・
まさに、”おひつ”のようなお弁当箱。
おかずが豪華でなくともご飯を詰めただけで、見栄えも美味しそうだし、
ちゃんとご飯がお弁当の主役になってくれます。

毎回お弁当持参で集う、自主保育仲間たちの間でも大ブームで、
曲げわっぱ弁当箱の愛用者続出。
その様子を見て、”ご飯食い”の我が家にもほしくなったのでした。

買ってみて、大正解!
毎回、自主保育に持っていっています。

ある日のお弁当。
0215_4.jpg
大根葉とじゃこのふりかけ、レンコンの甘辛煮、たらのソテー

0215_2.jpg
自家製ゆかりふりかけ、じゃが玉煮、厚揚げと大根のジンジャーソテー


0215_3.jpg


りんりんが、幼稚園に行っても、小学校に行ってもこのお弁当箱を持たせよう。

やっぱり、米が主食の日本人です。
曲げわっぱ弁当箱は、日本人にとって究極のお弁当箱だと思います。
生活に深く根ざしたところに、こうして優れた道具が生まれ、伝統として受け継がれて
いくのだと思いました。



カラフルな圧力鍋がかわいい・・・♪




りんりんには白木の、私には漆塗りの。
個人的には、白木の方がほのかに木の香りがするし、木が呼吸している感じがしておすすめ。

posted by りんず at 22:54| Comment(4) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

大阪人の至上命題

大阪人の至上命題の一つ、といえば

”いいものをいかに安く買うか”

でしょう!

0112_1.jpg


新年早々、とてもいい買い物をしました。
自転車で、いつものように自主保育の遊び場へ向かっている途中のこと。
パン屋さんの駐車場に、トラックで野菜を売りに来ている八百屋さんを発見。

ちょうど、みかんのストックを切らしていたので、あるかな〜と、のぞいてみたら・・・

みかんはもちろんのこと、人参、じゃがいも、玉ねぎが袋に詰め放題でなんと

300円!

しかもすべて有機栽培とのこと。
お店の方がとても気前よくみかんの試食をすすめてくださったので、一口ほおばった
ならば、じゅわっと甘い甘い果汁が口に広がる。

安全で、おいしくって、安いだなんて、買いだわ!

みかんは2袋、1袋は自主保育のおやつ用に、1袋は自宅に。
そして玉ねぎも1袋。
(それが上の写真。玉ねぎは15個、みかんはSサイズで30個くらい!)
これまた気前よく、お店の方がもっともっとと、ぎゅうぎゅうに袋に詰め込んでくださる。
対面販売のいいとこやわ〜♪

「いい買い物したな〜」とご機嫌で、重くなった自転車もうきうきとこげるのでした。

自主保育グループのママさんたちにも、意気揚々とそのことを報告。
でも・・・あれ?なんか反応薄い?!
「うわーー!安いわ!」って反応を期待していたのだけど。

ああ、そっか。
ここのママさんたちは関西以外の出身の方が多いのでした。
関西(とくに大阪)出身のママさんたちなら、「安いわ!」とテンションが一気に
上がるんだけど・・・

そんな一件があって、つくづく自分が”大阪のおばちゃん”になっていることを
自覚させられました(笑

でも、外で走り回ってきた子供たちが、おいしそうにみかんをほおばってくれる
姿を見て、なんだかうれしかった。
大量にあったみかんを、いくつもおかわりしてくれて。

おうちでぬくぬくしながら食べるみかんもいいけど、寒い中いっぱい遊びまわって
外でみんなと一緒に食べる冷たいみかんも、とってもおいしいよね♪

posted by りんず at 19:33| Comment(4) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

神戸と福井でお正月

お正月3が日は、夫婦それぞれの実家へ帰省。
元旦は神戸へ、2〜3日は福井にて過ごしていました。

自宅を空けっぱなしだったので、我が家のおせちを囲んだのは
元旦の朝のみ。

0107_.jpg

0107_1.jpg

今年のおせちは、品数も限られたシンプルなもの。
黒豆に、お煮しめ、数の子、ごまめ、かまぼこ。
重箱に詰めるまでもなかったのが、少しさびしい。

お雑煮も、すまし汁に白菜、焼いたお餅を入れただけ。
各家庭によって味が違うところが興味深い、お雑煮。
すまし汁に白菜だけ、というのは私の母譲りのレシピで、
お餅を焼いて入れるのは夫のリクエストによるもの。
それが、いまのところ我が家の定番になっています。

お昼からは、夫の実家がある神戸へ。

夫のいとこ夫婦も集まり、毎年恒例のすき焼き大会。
我が家にとって、こんなにいい牛肉をたらふく食べられるのは、このすき焼き大会
くらいなもの(笑
このときとばかりに、肉・肉・肉・・・に食らいつく私たち。
がっつりいただきました!
(私なんて、食べ過ぎて夜中にトイレに走っちゃいました。^^;
ああ、新年早々大人気ないったら・・・)

りんりんもしっかりお年玉をゲット。
まだお札を見てもうれしいともなんとも思わないところが、無垢だわ〜。
母がしっかり貯金してあげとくからね。

そして翌日は、私の実家がある福井へ。

滋賀にあった実家は、昨年の夏に両親が福井へ引っ越したため、
福井に移ったのです。
その福井へ初帰省。

福井ときたら・・・

寒し国、福井!
美し国、福井!!
旨し国、福井!!!

ほんまにええとこ〜〜♪♪♪

でも一つ致命的なミスをおかした私。
カメラを持ってくの、忘れたーーーーっ!
福井の魅力を十二分に記録しておけなかったのが悔やまれるけど、せめて文章
で残しておこう。

0107_5.jpg
これは携帯の写メで。


福井に着いたら、まず眼に飛び込んだのは雪景色。
町一面、うっすら雪化粧。
遠くに連なる山脈も真っ白。
こんな美しい景色、大阪で見ることができないよ。。。

美味しいものもたくさん!

養殖がさかんなふぐ。半透明の白身はやわらかくて、上品な甘みが美味。
甘エビは見たこともないくらい特大サイズで、極上に甘い。
鯖のへしこ。鯖を糠漬けにした郷土食で、お酒のあてにぴったり。
羽二重餅は、耳たぶみたいにやわらかで、口に入れるとトロ〜っと甘い。

0107_6.jpg

福井はそばも美味しい。
そばとしては珍しい、平打ち麺。稲庭うどんみたいな平べったさ。

今回は口にしなかったけど、越前かに、小鯛の笹漬け、なんかも有名みたい。

夏は海水浴もできて、冬は温泉もあったりして・・・
ほんまに福井はええとこ♪
一回来ただけで魅了されました。

そんな福井の地に、ひいばあば、じいじ、ばあば、私の弟、私たち家族が勢ぞろい。
こんなにフルメンバーそろったのは、何年ぶり?というくらい久しぶりだったけど、
本当ににぎやかなお正月だった!

そして唯一の子供、りんりんはみんなにかわいがられておおはしゃぎ。
あまりにテンションが高くて、ずっとキャーキャー騒いで、走り回ってました。

そんなこんなで、慌しく3が日は明けていったのでした・・・
あっちにこっちにと強行スケジュールで帰省していたので、帰宅したら家族全員
ぐったり。
ようやく、ここにきて疲れから立ち直ってきた感じです。


そうそう、りんりん待望のサンダーバードにもちゃんと乗ってきましたよ。
あー、でもカメラがなかったのが、本当に悔やまれる。
サンダーバードに大喜びのりんりんの写真が残せなかったな。
次回は必ず!!

posted by りんず at 01:26| Comment(0) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

2008年最後のなんていうことはない一日

2008年、最後の一日。

我が家はいつもと変わらぬ休日のような一日を過ごしております。

ただいま、りんりんとパパは仲良くお昼寝中。

そして私はおせち作りと、いまだ終わらない大掃除に精を出しています。

  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

今年も、周りのたくさんの方々のおかげで、家族3人、楽しく元気に一年を

過ごすことができました。

ここに、感謝の意を表しまして・・・

本当にありがとうございました!!

家族三人、こうやって元気にお正月を迎えられることが、一番めでたいことだなあ、

としみじみ感じております。

どうぞ来年もりんず家をよろしくお願いいたします。

ささやかな来年の抱負の一つを申しますと。。。

もっとブログをまめに更新するぞ〜!

  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

さて、我が家はこれから夕食のお好み焼きを囲みながら、

「今年の我が家のニュース ベスト10」

なんて、決めてみようかな〜と思っています♪

皆様はどのように年末年始をお過ごしになるのでしょう^^

どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ。

posted by りんず at 16:01| Comment(2) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

年末年始のバイブル

クリスマスが終わった途端、大掃除の仕上げに、お正月の準備に、
年賀状作りに(我が家はまだできてない・・・)、と主婦は超多忙スケジュール!

普段は汚れが目に付くようになったらお掃除するというズボラ主婦の私
ですが、大掃除ともなれば家中の1年の汚れを落として回らねばならず、
「さあ、どこをどうやって掃除すればよいやら?」
といつも途方にくれてしまうのです。

そんなときにひもとくのが、この1冊。

体に安心 ナチュラルおそうじBOOK―これなら汚れもよく落ちる!
ガーデン
4415023118


重曹・酸素系漂白剤・せっけん洗剤・エタノール・酢・お掃除クロスで家中ぴかぴか
になるお掃除術が紹介されています。
我が家では、酢はにおいがきついので、クエン酸(→薬局で入手)で代用。
それとメラミンスポンジも大活躍。
かびだって、手の届かないところだけは○ビキラーを使うけど、たいていは
酸素系漂白剤+せっけん洗剤のMIX技できれいにしてしまいます。

私が肌が弱くてアトピー体質なので、合成洗剤ではないものを探してみると
自然と生分解されやすい、環境への負荷が低いものにたどりつきました。
それに、用途ごとにいくつも洗剤を用意しなくていいから、お掃除もシンプルに!
ずぼらな私にぴったりのお掃除術♪


それから、お正月といえばおせち!
おせちは家で作ったものをずっと食べてきたせいか、おせち大好き人間の私。

主婦になったからには、我が家流のおせちをぜひとも作り上げたいもの。
ところが母に作り方を教わったことはないので、何を頼りに作ってよいやら・・・
そこで、見つけたのがこの本。
有元葉子さんのおせち本です。

有元家のおせち25品
有元 葉子
4840108846

有元さんにおせちに対する思いが、ひしひしと伝わってくる本です。
おせちを毎年作り続けること。
そこに家族との大切な時間が刻まれていくから。
そんな思いにすごく共感して、この本に惚れました。

ここで紹介されているのは、正統派のおせち料理。
初心者にもわかりやすく、手順が丁寧に解説してあるし、
おせち作りの段取りから、お正月準備の心得も教えてくれるのです。
”まずは日持ちのするものから作る。”
”12月に入ったら、しめさばにするための活きのいいさばを手に入れる。”
”花を飾る”
”大掃除は28日までにすます”
とかね。

有本さんの美しいセンスが随所に盛り込まれた写真は、見ているだけでも
ため息もの。
そのエッセンスをほんの少しでも、自分のおせちに取り込んでみたなら
ぐっと出来栄えもアップしそう。

そして、”おせちには和食の基本すべてがある”、ということ。
だしをとる、蒸す、煮る、焼く、煮付ける、煮ふくめる、からめる。
深く同感です。

さて、我が家の今年のおせちだけど、年末年始は帰省する期間が長いから
品数の少ない、ごくごくシンプルなものにするつもり。
大好きなおせちメニューは数あれど、何を作るか厳選するのも、また楽しい作業。

さあ、我が家のおせちにも家族との時間を刻んでいくとしましょうか。

posted by りんず at 08:28| Comment(0) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。