2012年03月02日

2011年のお気に入り本ベスト3!

いまさら2011年・・・?って感じですが^^;
自称”本の虫”のわたし、ビジネス本から漫画まで幅広くムシャムシャ
読んじゃいますが、最近は実用書ばかり読んでます。

気になる本はなんでもアマゾンで注文していた独身時代とはうって変わり、
主婦になってからは、まずは図書館で借りてきて、手元に残したい本だけ
購入するスタイルになりました。

そんなわたしですが、毎年「今年のベスト3冊」を心の中で決めております。
まったく個人的な、勝手すぎる選出ですが、いずれの本も実生活に
ひじょーうに役立っております。

というわけで、2011年の勝手なベスト3!

まずは収納本。

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法

ベストセラーになったのもうなずける。
この3年というもの、収納についていろいろ研究していて、本を読み漁ってる
のですが、その中でもこの本のお片付け法は秀逸!
まだ書類の片付けあたりで止まってるけど・・・
片付けは祭りという考え、目からウロコです。

あな吉さんの 人生が輝く! 主婦のための手帳術
あな吉さんの 人生が輝く! 主婦のための手帳術

お次は手帳術本。
料理研究家としてご活躍のあなきちさんの著書です。
3人の子育てと、家事と、料理教室と、本の執筆とパワフルにこなしてしまう
なんて、いったいどうやって時間を使っているの?!
その秘密は独自に編み出された手帳術にあったんですね。
主婦目線の手帳術は画期的。
4月から学生と主婦を両立すべく、いまから準備中のわたし。
さっそくA5サイズ手帳と付箋をフル活用して、思いついた用事は
すかさずメモ。
主婦の仕事って雑多で多岐にわたっているので、ささいなことでも
付箋に書いておけば、忘れずにすむし、合理的に片付いていくのかあ、
ナルホド〜♪


欲ばりワードローブ
欲ばりワードローブ 
最後はファッション本。

30代に突入してからというもの、どんなファッションをすればいいのか
迷走中。
仕事をしていたころとは違って、毎日自宅中心の主婦生活。
どんな服を着ればいいやらわからない〜〜!
しかも、ある日の夫の一言で「センスがない」ことを自覚。
(ちなみに、夫は”柄オン柄”やら、80年代にはやった”蛍光ジャンパー”
やら、”紺&オレンジ&カーキ”みたいな色の組み合わせやらの服を平気で着る
センス皆無な人間です)
恥ずかしながら、いままでは自分のことを”おしゃれ”ではないけど”合格ライン”だと
思っておりましたーー(>_<
でも「センスがない」ことを自覚して、30代にしておしゃれ研究をしだしたというわけです。

こちらの本は30代女子のファッション実例として読んでもわかりやすいし、
イラストを見てもかわいい。

ほかには押田比呂美さんや大草直子さんの本もわたしにとっては意識革命でした。


ファッションもインテリアもそうだけど、センスがない私が、雑誌を
いきなり読んでみても、「あ〜素敵だな〜」で終わってしまう。
雑誌って意外と教科書にならない。
センスがなければ、その道の達人から”理論”を学ぶのが一番!
その道の達人の本を読むと、意識が変わるのよね。
センスがなければ”理論”で武装すべし!が最近の信条です。

【関連する記事】
posted by りんず at 11:49| Comment(0) | お気に入りの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。