2010年09月25日

胎内記憶2


2010_09250050.JPG
りんりんを妊娠中、夫が描いた絵。こんな感じでおなかの中にいたのかなあ。

子供は3歳ごろまで、生まれる前の記憶を持っているという・・・
そんな胎内記憶についてりんりんに尋ねたという話を、前に書きました。
(そのときの記事はコチラ

あれから何度か、お腹にいたときの話をきいてみました。
わたしは知りたくてうずうずする気持ちを抑えながら、さりげな〜く
聞き出します。

「りんりんはおなかの中からどうやってうまれてきたの?」

「ぐるっとまわってうまれてきた」

「!!」

赤ちゃんが産道をとおるときに体をまわして生まれてくるという話は
もちろんしたことがなく、これは純粋にりんりんの体験として出てきた言葉。
やはり子どもは生まれてくる前のことを覚えているんだ・・・!と衝撃を受けた
言葉でした。

ところが3歳半ごろに、同じ質問をしたところ、

「おなかがパーンとわれて、でてきた」

なんて全く違う答えが返ってきた(笑
やっぱり3歳を過ぎると記憶が薄れてしまうものなのね〜。
ちなみに赤ちゃんがどうやって生まれてくるかは、マサキが生まれて
くるときにしっかり見てもらいましたよ。

それから

「おなかの中にいたときは暗かった?」

という質問には

「あかかった」

という答え。
な〜るほど、体内には無数の血管があるものね。
それで赤く見えたのかな。

あと

「ママのおなかに来る前はどこにいたの?」

という質問には、

「かわのなかにいた」

という意味深な答え。
死ぬときは三途の川を渡るといいますが、生まれてくるときも
川を渡ってくるのかしら。

それからマサキが生まれる直前にも面白いことを聞けましたよ。

「赤ちゃんは、自分が生まれたいときに生まれてくるんやで。」

「ひくくなったら、うまれてくるん?」

「りんりんはひくくなったから生まれてきたの?」

「うん!」

ひくくなったら・・・とはおそらく、子宮の中の赤ちゃんが下がってきたことを
言っていると思われます。

すごいすごい!
赤ちゃんってちゃんと自分の”生まれどき”を感じているんだね。
生命の神秘を感じる話です。
りんりんが大人になったとき、きっと胎内記憶は忘れてしまっている
だろうけど、絶対に話してあげようと思っています。

posted by りんず at 01:36| Comment(0) | りんりん(姉)のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。