2009年10月08日

冷蔵庫の嫁入り

夫が結婚前から使っていた冷蔵庫。

1008_1.jpg

りんりんの食べる量が増えたり、常備菜・保存食が増えたりしたこともあって
家族3人が使うには手狭になってきて、買い替えを検討していました。
次のボーナスが出る頃には・・・と思っていたのです。

ちょうどその頃です。
テレビで、夏の豪雨で被害を受けた兵庫県佐用町が映し出されていました。
土砂災害で、家財はすべて使い物にならず、真夏の盛りに冷蔵庫さえ
使えないという様子が伝えられていました。

それを見て、ひらめきました!

小さめだけど、まだまだ現役の我が家の冷蔵庫。
これを佐用町に送ったら、困っているどなたかに使ってもらえるかも・・・
リサイクルに出すより、リユースしてもらえたほうがうれしいし!

そこで、佐用町役場に問い合わせ。
全国からも、家電や家具といった義援物資がぞくぞく届いており、
これらは抽選で希望の住民に渡されるとのこと。

ということで、急遽買い替えを前倒し。
引退した冷蔵庫は、きれいにお掃除。
すぐ使える状態にして、佐用町に発送しました。

1008_2.jpg
手紙も添えてみました。

どなたかのお家に無事嫁入りしたかしら??


さて、被災地に対して何か支援できることといって、まず思い浮かぶのは
義援金ですが、この一件を通じて、”まだまだ使えるけど我が家では不要”
といったものを寄付することも、支援になるんだなあと思いました。

たとえば、食器。

食料は送られてくるけど、それを盛る器がないから、食事がわびしくなるそうです。
そんなときに寄付された食器を使えると、うれしいのだとか。
これは阪神大震災のときに実際体験された方のお話です。

不用品と言えば、売るか、捨てるかという選択肢しかなかったけど、
ものによっては、いつかどこかの被災地に寄付できるように保管しておくことに
しようっと。

posted by りんず at 14:45| Comment(2) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 いつも日常を、大切に、丁寧な目線でとらえているりんずさんのブログ、気になってちょくちょく開いてるんですよ〜(^з^)-
 冷蔵庫の嫁入りを読んで、実家の両親が5年ほどまで新潟の地震で被災したとき、本当にありがたかった救援物資や、即、行動してくれた決断力のある人たちの勇気に感動したことを思い出しました。
 生活、精神、体力、すべてが弱り果て、未来への希望でさえ持つ事が現実に押しつぶされてしんどいとき、自分達のために行動してくれた人の気持ちは、何よりの勇気付けとなり、がんばろう!という起爆剤になりました。
 冷蔵庫を受け取られた人、思いが届いたひとは、そのりんずさんの気持ちを生涯忘れないと思います。
 困っている人の要求と、求められている状況が、マスコミによる映像で客観的に知らされたとき、何か自分のなかの感情が奮い立ち、同じ人間として接点が生まれて、誰とかはわからないけれど、こころが通じ合い、いてもたってもいられなくなりますよね。
 でもたいてい、何かしてあげたい、という感情が芽生えても自然と勢いは流されて、日常の雑事に消えていく中、即断、即実行!・・・これは、なかなかできることではないです。
 この力を発揮できるのと、発揮しないのとでは、人生の豊かなジャンプ力で、見える景色がおおきく違ってくるような気がします。 りんずさんを見習って、私も、日常を通して心に響くアンテナ感度を、もっともっと良くしなきゃ!って感じました\^o^/
ほっこりする話をありがとうです。
Posted by 海人&美海 at 2009年10月15日 01:31
>海人&美海さん

コメントありがとう!!!
新潟の地震のときは実家のご両親も大変だったでしょうね。きっと、全国の善意ある方々から支援を受けられて日常を取り戻されたのでしょうね。
日本は災害大国で、いつどこで今度は自分が当事者になるかわからない以上、「困ったときはお互い様」の精神を忘れちゃいけないな、と自戒も込めて思いました。
支援をされる方には、ちゃんとその精神が息づいていてますね!
今回、私にできたことなんてすごくささいなことで、実際被災地で救援活動をされた方には頭が上がらないのだけど、自分にできることをできるときにすることが大事なのかもしれません。

実は、佐用町。まったく我が家と無縁の土地というわけでもなくって。
夏の旅行のときに、車で立ち寄って休憩を取った場所なのです。山の緑と川のせせらぎ、田園風景が美しいところだったのを記憶しています。
その1週間後に集中豪雨で大被害。
ほんの少しの接点だったけど、それがあったからこそテレビで見たとき、
心が奮い立ったのだと思います。

それにしても、冷蔵庫がどなたかに使ってもらえてるかどうかだけが気になるのよね…
でも、海人&美海さんのコメントを読んで、物資だけじゃなく、気持ちが伝わることも支援の一つの形なんだと教わりました♪
もし使ってもらえてなくても、少しでも気持ちが伝わって、どなたかの勇気付けになっていたらうれしいな。
Posted by りんず at 2009年10月16日 17:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。