2012年02月25日

栄養士への道

すっかり冬眠状態のブログ。
そろそろ春を迎えるのだから、目覚めなくては・・・!

さて、突然ですが。
この4月から栄養士になるべく学校に入学することになりました。

栄養士になろうと思ったのは突然のことではなく、5年前からになります。
ちょうどりんりんが赤ん坊だったころ。
結婚して仕事をやめ、まるで人生のリセットボタンが押されたようなあのころ。
りんりんを育てながら、これからの人生どう生きていこうか?と毎日真剣に
考えていました。

目の前にいるこの子も、何か果たすべき使命を持ってこの世に生まれて
きたはず。
では、私自身の使命は?
考えて考えて・・・答えはりんりんがくれました。

今までの人生を振り返ったときに、自分がアレルギー体質で食べ物に
気を使ってきたこと、
だから食べ物と健康について自然と関心が深くなっていったこと、
りんりんや周りの子供たちを見て「みんな健やかに育ってほしい」
と強く願っていること。
大学では農学を学んだし、食べることも好きだし、料理も好き。
だから、「食」を通じて子供たちが健やかに育つ手伝いをしたい!
子供たちに「食」の大切さを伝えたい!
そんな思いがむくむくと起こってきて、栄養士になるという答えに
到達しました。

栄養士として働くことが私の使命・・・とは、自分の思い込みではあるけれど、
でも5年前に決意して、ようやく今年、一歩を踏み出すことになりました。

そんなわけで、学校に入学するべく
夏ごろからマサキの保育園探し、秋ごろから受験勉強といろいろ準備
してきました。(だからブログは冬眠状態に・・・^^;)
そして先日、無事合格となり4月から入学することとなったのです。

学校は2年制。
朝から夕方までびっしり授業や実習があり、多忙を極めるらしく・・・(>O<
家事との両立がいまからとっても不安。
りんりんやマサキの朝も早くなるし、子供たちにもいまから慣れてもらわなくては。
少し前から効率的な時間の使い方や、食事作りについて研究中。
勉強だけしていればよかった学生時代、なんて贅沢な身分だったんだと
今になってわかったり^^;
でも、結婚して子供を生まなかったら、栄養士になるという道はなかったな。
道を照らしてくれたりんりんと、それを認めてくれた夫に感謝。

卒業と同時に与えられる栄養士の資格。
でも栄養士になるのがゴールではなくて、
すべての子供が健やかに育つように、栄養士の仕事を通じてお手伝いする
というのが私の使命なんだと胸に刻むため、ブログに記録しておこうと
思います。

さあ、もうすぐ春です。

posted by りんず at 07:42| Comment(2) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。