2011年02月03日

マサキ、生後8ヶ月

2011_02010115.jpg
2月1日で、マサキは生後8ヶ月になりました。

あいかわらず体重は少なくて、6500gほど。
適正範囲を下回っているので、2ヶ月ごとに検診にいってます。
あいかわらず寝返りもまだ。お座りもぐらぐら不安定。
だけど、毎日おっぱいも離乳食もご機嫌よく食いつきながら、元気に育っております。

いつの間にやら、ママべったりっ子に。
とりあえず私が抱っこかおんぶをしてさえいれば、ご機嫌。
ちょっとでも離れると、ぎゃん泣き。
抱っこしたとたんに、ぴたりと泣き止む。
だから昼間はずーっと、抱っこかおんぶ。
エルゴのおんぶひもがなかったら、とてもやってられなかったと思う。

ママべったりっ子のくせに、人見知りはちっともない様子。
老若男女問わず、人の顔を見ると、にこにこ笑いかける愛嬌さん。
ご機嫌が悪いとき以外は、いつも笑顔を振りまいてます。
ああ〜、いやしの笑顔。
いらいらしているときも、この笑顔を見ればほっと心がゆるむ。
りんりんも、わたしに激怒された後、マサキのところにいって、笑顔のパワーを
もらってた。
りんりんも癒されたかったんだと思う。(ごめんね、鬼母で・・・)

それにしても、”きょうだい”って不思議。
りんりんがぴょんぴょん跳ねたり、踊ったりしていると、げらげら大笑い。
まだ自在に体を動かすことができない0歳児なのに、一緒になって、
おんぶひもの中でぴょんぴょん跳ねている。
父や母が遊んであげても、こうは大笑いしないのに、姉といるときは
とても楽しいみたい。
りんりんにとっても、ちゃんとマサキのことを遊び相手だと思っていて、
「なべなべ底抜け〜♪」って腕を振り回したり、絵本を見せてあげたり。
時には、「めんめっ!」と怒って、お姉ちゃんぶったりするときもあるけど。
きょうだいって、特別なきずなで結ばれているものなのね。
姉弟仲むつまじい様子は、母にとってすごくすごくうれしいことなのです。





これがなかったら、毎日育児できません!ってくらい重宝してます♪
posted by りんず at 14:08| Comment(2) | マサキ(弟)のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。