2009年10月08日

冷蔵庫の嫁入り

夫が結婚前から使っていた冷蔵庫。

1008_1.jpg

りんりんの食べる量が増えたり、常備菜・保存食が増えたりしたこともあって
家族3人が使うには手狭になってきて、買い替えを検討していました。
次のボーナスが出る頃には・・・と思っていたのです。

ちょうどその頃です。
テレビで、夏の豪雨で被害を受けた兵庫県佐用町が映し出されていました。
土砂災害で、家財はすべて使い物にならず、真夏の盛りに冷蔵庫さえ
使えないという様子が伝えられていました。

それを見て、ひらめきました!

小さめだけど、まだまだ現役の我が家の冷蔵庫。
これを佐用町に送ったら、困っているどなたかに使ってもらえるかも・・・
リサイクルに出すより、リユースしてもらえたほうがうれしいし!

そこで、佐用町役場に問い合わせ。
全国からも、家電や家具といった義援物資がぞくぞく届いており、
これらは抽選で希望の住民に渡されるとのこと。

ということで、急遽買い替えを前倒し。
引退した冷蔵庫は、きれいにお掃除。
すぐ使える状態にして、佐用町に発送しました。

1008_2.jpg
手紙も添えてみました。

どなたかのお家に無事嫁入りしたかしら??


さて、被災地に対して何か支援できることといって、まず思い浮かぶのは
義援金ですが、この一件を通じて、”まだまだ使えるけど我が家では不要”
といったものを寄付することも、支援になるんだなあと思いました。

たとえば、食器。

食料は送られてくるけど、それを盛る器がないから、食事がわびしくなるそうです。
そんなときに寄付された食器を使えると、うれしいのだとか。
これは阪神大震災のときに実際体験された方のお話です。

不用品と言えば、売るか、捨てるかという選択肢しかなかったけど、
ものによっては、いつかどこかの被災地に寄付できるように保管しておくことに
しようっと。

posted by りんず at 14:45| Comment(2) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

夏の思い出プレイバック 2009

はやいもので、もう10月?!
すっかり秋なのに夏の思い出アルバムです。
いまさらアップするのが恥ずかしいけど。

今年の夏のスタートは、自主保育仲間と渓流ハイキングして川遊び。
みんな、沢がに捕りに夢中でした。

0709_1.jpg

0920_1.jpg


初めてのスイミング教室。
母と離れるという試練(笑)を乗り越えました。

0725_1.jpg

3歳のお誕生日を迎えて、お祝い。

0914_5.jpg

すいか割りも初めて体験!
りんりんも初めてなら、母も人生初でうれしかった!

0920_4.jpg

近所の盆踊りに参加してみた♪
見よう見まねで踊っているりんりん。

0920_3.jpg

海水浴旅行にも行ったね〜。
あれから大分経つのに、りんりんはしょっちゅう「また、とっとりにいきたいね〜」
と言っております。

1004_4.jpg


ふう。こう見てみると、夏の思い出盛りだくさん。
母も子も、夏を満喫したなあ。
この秋はどんな思い出ができるかしらね。

posted by りんず at 01:52| Comment(0) | 暮らしのできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。